映画『エアフォースワン』あらすじ、作品情報

あらすじ

米国とロシアの合同特殊部隊は独裁者イワン・ラデク将軍を拘束

大統領のジェームズ・マーシャルは、モスクワでロシア大統領との晩餐会の席上、スピーチを行った。

大統領は倫理的に正しい行いを追求しテロと戦うと演説

大統領専用機「エアフォースワン」(VC-25)に、ロシアのテレビクルーたちを同乗

妻のキャサリンや愛娘のアリスも搭乗して家族のひと時を過ごす。

SPらが殺害され発煙筒が撒かれると、ロシアのテレビクルーたちは機内の武器を奪いハイジャックを成功

彼らはラデク奪還を目指すロシアの国粋主義テロリストたち

機長はラムシュタイン空軍基地へ緊急連絡を入れ、着陸させようとし、同基地からは在欧アメリカ空軍のF-15戦闘機がスクランブル発進して誘導する。

最重要の目標である大統領は緊急脱出用ポッドへ逃れ

テロリストは操縦室へ乱入して機長のアクセルロッド大佐たちを殺害。

副大統領:キャサリン・ベネット以下、政府首脳たちが対応にあたり、核発射スイッチのパスワードも変更

イワンの要求はラデクの解放であり、30分毎に人質を一人ずつ殺害する

マーシャルは脱出ポッドだけを落として機外に脱出したように見せかけ、実は機内に潜伏していた。

イワンはドハーディ国家安全保障問題担当大統領補佐官を射殺

イワンは潜伏者を誘き寄せようと、キャサリンとアリスの眼前でミッチェル報道官を殺害し、その様子を機内に放送

副大統領は、エアフォースワンがハイジャックされた事実を公表

空中給油機にFAXにより指示を出した大統領は、人質の一部をパラシュートで脱出させるが、ついにイワンたちに捕まってしまう。

登場人物

ジェームズ・マーシャル大統領/演:ハリソン・フォード

イワン・コルシュノフ/演:ゲイリー・オールドマン

キャサリン・ベネット副大統領/演:グレン・クローズ子

グレース・マーシャル夫人/演:ウェンディ・クルーソン

アリス・マーシャル/演:リーゼル・マシューズ

ロイド・シェパード首席補佐官/演:ポール・ギルフォイル

ギブス/演:ザンダー・バークレー

コールドウェル少佐/演:ウィリアム・H・メイシー

ウォルター・ディーン国防長官/演:ディーン・ストックウェル

ラデク将軍/演:ユルゲン・プロホノフ

メラニー・ミッチェル報道官/演:ドナ・ブロック

ジャック・ドハーディ国家安全保障補佐官/演:トム・エヴェレット

ノースウッド大将/演:ビル・スミトロヴィッチ

ペトロフ・ロシア大統領/演:アラン・ウォルフ

コルチャーク/演:エリヤ・バスキン

クラシン/演:イリア・ヴォロック

ホワイトハウスのオペレーター/演:ダイアナ・ベラミー

管制塔職員/演:トム・バリー

フィリップス/演: ブライアン・リビー

トーマス・リー補佐官/演:スペンサー・ギャレット仁

アンドリュー・ウォー司法長官/演:フィリップ・ベイカー・ホール

アクセルロッド大佐/演:マイケル・レイ・ミラー

イングラハム/演:カール・ワイントローブ

カールトン/演:ドン・マクマナス

レンスキー/演:レヴァニ・オウチャネイチヴィリ

ボリス・バジレフ/演:アンドリュー・ディヴォフ

イゴール・ネフスキー/演:デイヴィッド・ヴァディム

作品情報

タイトル:エアフォース・ワン

原題:AIR FORCE ONE

製作年度:1997年

上映時間:124分

製作国:アメリカ

ジャンル:アクション

サスペンス

監督:ウォルフガング・ペーターゼン

製作総指揮:トーマス・A・ブリス

マーク・エイブラハム

デヴィッド・レスター

脚本:アンドリュー・W・マーロウ

音楽:ジェリー・ゴールドスミス

おすすめサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする