映画『神さまの言うとおり』あらすじ・ネタバレ

あらすじ

何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。
同級生のサタケ(染谷将太)とは仲がよかったが、退屈な日常を壊してくれるなにかを期待しているような高校生だった。
ある日授業中に居眠りをしていると事態は急展開、授業中の瞬たちの目の前で教師が頭が吹き飛び死亡してしまう。
あまりの突然のことに教室はパニックになり生徒たちは逃げようとするも教室の扉は開かない。すると教壇の上に1体の「だるま」がいた。
少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。
一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。

作品情報

タイトル:神さまの言うとおり
製作年度:2014年
上映時間:118分
製作国:日本
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
音楽:遠藤浩二

登場人物

サタケ(演:染谷将太)

瞬の同級生、クラスメート。見た目は普通の高校生だが、瞬に万引きの方法を教えるなど、悪い面も持っている。
第一のゲーム『ダルマ』では最後まで瞬と生き残り、ゲームクリア寸前までいくが…

天谷武(演:神木隆之介)

瞬の同級生。喧嘩が強く、メチャメチャな性格。
このデスゲームに楽しんで参加しており、他人を平気で殺すことができる。
瞬を自分と同じく「死を感じて初めて生を実感できる」人間として、共感をいだいている。

高畑瞬(演:福士蒼汰)

物語の主人公。平凡で退屈な毎日に嫌気がさしていた。
謎のデスゲームに参加してからは、鋭い洞察力で現状を客観的に判断し、ゲームクリアの方法を模索する。また、最後まで諦めない強さも持っている。

高瀬翔子(演:優希美青)

瞬といちかの中学時代の同級生。第3のゲーム『こけし』で瞬と共にゲームに参加する。
中学校の時に自殺を考えて屋上に行ったとき、瞬に声をかけられ自殺を思いとどまる。その時から瞬に好意を抱いていたが、中2の時に転校して離ればなれになる。

秋元いちか(演:山崎紘菜)

高畑瞬の幼馴染で同級生。瞬に想いを寄せるが、その気持を素直に伝えることが出来ない。
第一のゲーム『ダルマ』をクリアした後、瞬と合流し行動を共にする。